イグサの匂いを復活させる

作業員

長持ちさせるためのメンテ

日本人が落ち着く匂いの一つが畳のイグサの匂いでしょう。最近では複数の部屋があるアパート等でも和室のない物件も増えており、和室が恋しいという人も多いかもしれません。そんな和室ですが、長年畳を使用していると当然のことながら劣化していきます。日焼けによる色落ちをはじめ、タンスなどの家具を動かしたときにできる傷などがある畳も多いことでしょう。そこで、畳を定期的に畳替えをすることで長持ちさせることができます。一般的に畳替えとは、新畳(畳をすべて新しくする)、畳表替(畳の表面だけを新しくする)、裏返し(畳の表面を裏返して使用する)という、3つがあります。畳替えを行う目安としては、新畳は10年以上、畳表替は5年以上、裏返しは2〜3年程度、それぞれ経過している場合が多いようです。もちろん、畳の状態にもよりますので、一概には言えませんので、年数に限らず畳が傷んできたと感じたら、畳替えを検討してみると良いでしょう。なお、畳替えをするには、その部屋の畳をすべて取り外すということになります。そのためには家具等をすべて移動させておく必要があります。出来上がりに時間がかかる場合がありますので、その間の生活空間をどう確保するかは事前に考えておく必要があります。また、畳の搬出だけではなく、搬入の日にちも、業者と日程をあわせる必要があります。平日にしか対宇できないということもありますので、仕事を休めるかなど、事前の調整・準備が大事になります。費用としては、畳のランクによって、かなり違いがあります。事前に見積もりを取るなどして、業者との打合せを密にすることが大事なポイントになります。

Copyright© 2018 畳替えで最適な空間を維持【燥時には吸水していた水分を放出する】 All Rights Reserved.