タイミングを確認

男性

目安となる年数

和室には欠かせない「畳」ですが、経年劣化と共に色が変わってきたりなど、傷みが目立つようになってきます。いつでも気持ちよく生活できる環境をキープしたいのであれば、定期的に畳替えを行い美しい状態を維持すると良いでしょう。畳みは何年使ったら変えなければいけなという細かい決まりはありませんが、一般的に10年から15年以上経過したら、畳替えを行う必要が出てきます。畳替えとは古い畳を処分して新しい畳へと入れ替えることで、畳替えをすることによって大幅に部屋の雰囲気を一新することが可能です。畳替えは見た目が美しくなるだけでなく、新しいイ草の香りでリラックスできるという効果も得られます。ただ、どのくらい畳が傷んでいる状態であれば畳替えが必要なのか、その目安いを知りたいという人も多いのではないでしょうか。畳みは10年・15年も経過すると、かなり日焼けも進んで痛みが目立つようになるので、この時期になったら畳替えを行うのがベストです。また畳の上を歩くとふわふわとしたり、畳が波打っている、畳と畳みの間に隙間があるという状態も畳替えを行う目安となります。素人から見てもかなり畳が傷んでいる状態であれば「そろそろ替えよう」となるかもしれませんが、場合によっては必要かどうか分からないケースもあるようです。このような時は専門業者に現状を確認してもらい、畳替えをするべきかどうかをチェックしてもらうと良いでしょう。良心的な業者であれば強引に新しい畳へと変えるよう、勧誘することもありません。

Copyright© 2018 畳替えで最適な空間を維持【燥時には吸水していた水分を放出する】 All Rights Reserved.